日焼けドメクリーム |

日記

モンベル

2012.11.14 Wed

18:00:42

モンベルのバイオライトキャンプストーブ、キャンプストーブとは、20センチぐらいの焚き火マシーン。ポイントは焚き火をするとその火で電気をおこして、充電ができてしまう。キャンプストーブでスマートフォンを充電できてしまう。キャンプに行って充電が困らないというのは、安心できますんね。でも、キャンプに来てまで、スマホを扱ってしまうということは、少し悲しい気もするが、便利なものは便利である。使えるものは使っちゃおということ。山に来て、電波が届かないってことになったらしょうがないですけどね。

美容
ほしいものブログ
脱毛器具おすすめ


オススメ情報

しぜん

2012.11.01 Thu

17:46:15

コンゴ共和国の内戦が終わり、10年になる。人口がこの10年で100万人増加したらしい。人口増加に伴い、食料が不足している。牧畜の土地はほとんどない地域ではジャングルに住む動物が人間のタンパク源となっている。人口増加に伴い、ジャングルの動物の乱獲が目立ち動物が減っている。ヌアバレ・ヌドキ国立公園は世界遺産に登録されている地域だが、動物が密猟されている。市場にブッシュミートが並ぶのは違法らしいが、密猟された動物の肉がならび人々もこれを購入している。平和になるのはいいことで、安定した社会だから人口も増えてきている。でも、これで、自然の生態系を崩すことは間違っている。でも、生きていくためには食料が必要。ブラジルのアマゾン川のジャングルも穀物を生産するために木を切り畑に変えている。既に日本の土地の倍ぐらいのジャングルが消えてしまったと聞く。人口が増え、食料が不足している。ほとんど中国にわたっているらしいが。
地球規模の生物の生態系と人口。これから地球で暮らしていくためにも世界で議論されるべき大問題。

美容
ほしいものブログ
太陽光発電人気は

遺稿

2012.10.30 Tue

20:09:14

作家が残した遺稿をめぐっていろいろと物議が醸し出されている。
作家が亡くなったあとに、残った原稿は誰のもの?
誰のものでもいい。でも、家族にとったら、誰のものでもよくない。
自由に好き勝手に使ってもらっても困る。
難しい問題ですね。
カフカは死ぬときに自分の原稿は焼却するようにお願いした。
しかし、友人は、出版に踏み切った。
カフカの名前は、そのおかげで全世界に広がった。
世界で多くのファンを持ち、多くの心に訴えかけ、救いを与えたのかもしれない。
でも、本人の意向とはちがう。
焼却するにはもったいない。
でも、現在、その遺稿をめぐって大きな裁判となり、大きな不幸を呼び込んでいる。
結局、その原稿をもった人間が欲にかられてしまったという人間の醜さがある。
美容
ほしいものブログ
婚活を成功させるポイント