日焼けドメクリーム |

日記

遺稿

2012.10.30 Tue

20:09:14

作家が残した遺稿をめぐっていろいろと物議が醸し出されている。
作家が亡くなったあとに、残った原稿は誰のもの?
誰のものでもいい。でも、家族にとったら、誰のものでもよくない。
自由に好き勝手に使ってもらっても困る。
難しい問題ですね。
カフカは死ぬときに自分の原稿は焼却するようにお願いした。
しかし、友人は、出版に踏み切った。
カフカの名前は、そのおかげで全世界に広がった。
世界で多くのファンを持ち、多くの心に訴えかけ、救いを与えたのかもしれない。
でも、本人の意向とはちがう。
焼却するにはもったいない。
でも、現在、その遺稿をめぐって大きな裁判となり、大きな不幸を呼び込んでいる。
結局、その原稿をもった人間が欲にかられてしまったという人間の醜さがある。
美容
ほしいものブログ
婚活を成功させるポイント

オススメ情報